建築模型ができるまで

2017年7月 7日 (金)

新建築模型ができるまで#8

1階(下レベル)のフローリングを張っていきます。
023 下地となるスチロール板に細長く切ったバルサ板(厚1.0mm)を実際に一枚一枚張っていきます。
024今回のフローロングはダーク調。オイルステンのダークオークを使用して着色します。
025  ちょっとたっぷり目に塗装をかけます。
026 塗り終えたら塗装が乾かないうちに布で拭き取ります。
027 実際の塗装と同じ方法ですので、かなり質感が表現できてイイ感じに仕上がりました。

2017年7月 5日 (水)

新建築模型ができるまで#7

021
基礎周囲にはコンクリート打ちっぱなしのテクスチャーとしてグレーの厚紙を接着して基礎の完成になります。
022 この地下収納には外から入れる出入り口サッシと内部1階(下レベル)へあがる階段と出入り口を設置していきます。

新建築模型ができるまで#6

まずは基礎からです。今回の基礎は地下収納部と1階(下レベル)とがありますので2段のレベル差を表現していきます。
007 011 基礎高さは400mmになりますので、1/20スケールだと20mm。10mmスチレンボードを2枚重ねて基礎を作ります。
019200mmスチレンボードもあるんですが、建築用資材なのでボードそのものの平面精度がよくないんです。ですから平面を強制的に調整できる10mmを2枚貼り合わせて真っ平らな基礎面を作ります。
020地下収納部はGL+100mmに設定しましたので別ブロックとして作成した床面を本体基礎と合体させて表現します。

2017年7月 1日 (土)

新建築模型ができるまで#5

まずは今回の模型を制作していくにあたり、絵の下書きではありませんが、模型の下書きをつくりました。
014 こんな感じ。今回の模型の特徴は床下収納、小屋裏収納を抱えたなんと6層の家!
016 その立体的なフロアーの構成をいかにひと目で見せられる模型作りをするかがカギです。この仮模型を使って担当者さんとの打合せをして本番にのぞみます。
017 気がついたことや、作業内容なども直接書き込んでいきます。
018 図面と共にこの下書き模型を見ながら作業スタートです!!!!!

2017年6月30日 (金)

新建築模型ができるまで#4

使用する主材料は発泡スチロールパネルを使います。軽くて加工しやすく耐久性もあるので模型制作には万能材料です。
011 今回は5mm厚のパネルを使用します。1/20スケールですから実寸100mmになりますが、今回は内部が見えるように断面を表現します。その時あまり厚い材料だとその断面だけが気になって表現したい構造やインテリアなどがボヤけてしまうことがよくあるので、今回はあえて薄い断面で制作してみたいと思います。
012 あとは強度が欲しい場所は10mmや20mmといった硬質スチロール板を使用していきます。
013 他には、木製の板(バルサ材まど)や角材、厚紙やアクリルパネルなどを使用します。

新建築模型ができるまで#3

今回、模型のご依頼をいただきました建設会社様をご紹介!!!!
1 私の住む地元の建設会社「岩村建設株式会社」様。
2 岩村建設様のホームページも是非ご覧下さい!!!!
3 アドレスはこちら→http://iwamurakensetsu.co.jp

新建築模型ができるまで#2

今回ご依頼を頂いた模型は1/20スケールです。
Img_4614 #1の外観模型、上の写真の内観模型共にスケールは1/50です。私も今までに1/20のスケール模型は2度くらいしか経験がないのでとても楽しみです。
Img_4616 外観へもちろんですが、今回は内部やインテリアもかなり作り込みが出来そうなので、PCでのプリントアウトしたシートにたよらず、なるべく本物に近い素材を使いながら制作していきたいとおもいます。
Img_4613 ※上記写真はわが事務所の内観模型です。

新建築模型ができるまで#1

建築模型の依頼がありました。今回は個人のお宅の打ち合わせ用模型ではなく、建設会社様のショールームでのディスプレイ用の模型ということで、建築模型ができるまでのプロセスをブロクでご紹介出来ることになりました。
Img_4610 上の写真はわが事務所の外観模型です。建築模型も個人情報ですからなかなかブログへあげることが難しいのですが、今回は逆に大々的に宣伝したいとの嬉しいご依頼でしたので、有難くお受けいたしました。
Img_4607 今回の模型は、外観と内観の両方が分解せずにひと目でわかる模型をめざします。
Img_4611 デスプレイ用ですから、なるべく人目を引くような、インテリアにもこだわって細かく作りこんでいきたいと思いますので、是非お楽しみに!!!!!!

2012年5月20日 (日)

建築模型ができるまで(37)

Img_2059_2これで建築物本体は完成です。

さてさて、本来ならば高木や低木、植栽や庭廻りなどを作成していく手順なのですが・・

じ・じ・実は!!

下の2枚の写真をご覧ください。

Img_2064_2094_640x480_2上の写真が今回製作しました我が事務所の建築模型。下の写真は今現在の事務所の実写真です。お解りでしょうか!我が事務所のメインアプローチ、実はまだ鉄骨むき出しの殺風景の段階なんです!実際の建物を模型が追い越してしまいました!(これが本来の建築模型のあるべき姿なような?)このまま模型を好き勝手に進めますと実際の建物が理想とかけ離れて、最後には理想のまま終わってしまいそうなので・・・・・・・

[建築模型ができるまで]はとりあえず今回で完結させていただきまして、次回からはブログのメインテーマでもあります[気ままにDIY]を進行したいと思います。

すなわち!建築模型に追いつけ!追い越せ!

を掲げまして、我が事務所の本当の大改装をお送りいたします!!!

題して「気ままにDIY・メインプローチのできるまで」です。

引き続きご覧いただけましたら幸いです。がんばります!!







建築模型ができるまで(36)

全景をご覧ください。

Img_2060

Img_2061

Img_2062





より以前の記事一覧