« 新建築模型ができるまで#3 | トップページ | 新建築模型ができるまで#5 »

2017年6月30日 (金)

新建築模型ができるまで#4

使用する主材料は発泡スチロールパネルを使います。軽くて加工しやすく耐久性もあるので模型制作には万能材料です。
011 今回は5mm厚のパネルを使用します。1/20スケールですから実寸100mmになりますが、今回は内部が見えるように断面を表現します。その時あまり厚い材料だとその断面だけが気になって表現したい構造やインテリアなどがボヤけてしまうことがよくあるので、今回はあえて薄い断面で制作してみたいと思います。
012 あとは強度が欲しい場所は10mmや20mmといった硬質スチロール板を使用していきます。
013 他には、木製の板(バルサ材まど)や角材、厚紙やアクリルパネルなどを使用します。

« 新建築模型ができるまで#3 | トップページ | 新建築模型ができるまで#5 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583485/65476292

この記事へのトラックバック一覧です: 新建築模型ができるまで#4:

« 新建築模型ができるまで#3 | トップページ | 新建築模型ができるまで#5 »