« メインアプローチができるまで(39) | トップページ | メインアプローチができるまで(41) »

2012年6月26日 (火)

メインアプローチができるまで(40)

ようやく、腰壁のサイディング張りに移ります。

0211_041この階段周りの壁と目隠し壁の間に腰壁を作って行きます。

本体の外壁は、12mmの構造用合板の上に37mmのALC版を張ってあります。一旦この外壁に木下地を抱かせてその下地にサイディングを釘打ちして行こうと思います。

安易に外壁にビス止めというのは水仕舞いに問題がありますから、ビス止めする位置をあらかじめ下穴をあけておいてそこにコーキング材を注入しておきます。コーキング材は穴から盛り上がるくらいに多めに付けておいて、下地の木材を押し付けます。そこに構造用合板に向けてビスを打ちます。さらにビス頭にもコーキング材を盛って、ビスを伝って水が浸入するのを防ぎます。

そこに、サイディングを釘打ちで止めていきます。

0211_054_2サイディングの周囲は化粧木材で見切り、塗装仕上げをしました。下地を止めたビスからの水の浸入さえ防げれば、元々ALC外壁ですのでサイディング内部への多少の水の侵入は大丈夫でしょう。

0211_055_2こんな感じに仕上がりました。





« メインアプローチができるまで(39) | トップページ | メインアプローチができるまで(41) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583485/55058767

この記事へのトラックバック一覧です: メインアプローチができるまで(40):

« メインアプローチができるまで(39) | トップページ | メインアプローチができるまで(41) »