« メインアプローチができるまで(1) | トップページ | メインアプローチができるまで(3) »

2012年5月24日 (木)

メインアプローチができるまで(2)

それでは作業を始めていきます。

レベルを出していきましょう。すべての高さの基準になる水平ラインを鉄骨脚部分に出していきます。使う機器は「レベル」・「レベラー」と呼ばれる機器です。

Img_2116ファインダーを覗くと水平ラインを見ることができますので、スケールをあてた測点の数字を読めば同一の水平ラインが引けるということです。

140ビニールテープの上端ラインが基準線となります。

142そこから全ての高さを追い出していきます。これを高さが必要な部分に出します。







« メインアプローチができるまで(1) | トップページ | メインアプローチができるまで(3) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583485/54790188

この記事へのトラックバック一覧です: メインアプローチができるまで(2):

« メインアプローチができるまで(1) | トップページ | メインアプローチができるまで(3) »