« 建築模型ができるまで(25) | トップページ | 建築模型ができるまで(27) »

2012年5月 3日 (木)

建築模型ができるまで(26)

ベランダの手すりと同様に、2階玄関への外通路の手すり笠木を取り付けます。

Cimg3084次の作業は、雨樋の取り付けです。

普段の製作時には、雨樋に使用する材料は1mm程度の針金を曲げて取り付けて塗装で仕上げます。ただ、針金を曲げて加工すると曲げた部分に変にRが残って本物の雨樋の角ばった表現ができませんでしたので、今回は初めてですが、1.5mmの木製の丸棒を切って製作してみようと思います。

Cimg3088木製の丸棒を角度を合わせて斜めに切断して、雨樋の曲がり部分を表現しましたが、思った以上に角度をもたせて形にするのは難しいですね。太さもちょっと太めになりますしね。これからの研究課題です。




« 建築模型ができるまで(25) | トップページ | 建築模型ができるまで(27) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583485/54621199

この記事へのトラックバック一覧です: 建築模型ができるまで(26):

« 建築模型ができるまで(25) | トップページ | 建築模型ができるまで(27) »