« 建築模型ができるまで(28) | トップページ | 建築模型ができるまで(30) »

2012年5月 3日 (木)

建築模型ができるまで(29)

次に建物を置く土台、敷地部分を作成します。通常はその建物が実際に建設される敷地の形や、建物の大きさにあわせた長方形の形などにしますが、今回はちょっと変えてディスプレイ用に曲面を使った敷地にしてみましょう。

当事務所は、以前からブログに書いてきた様に、敷地と前面道路に高低差があり、前面道路から外階段を使って2階玄関にアプローチする配置になっています。その特徴をいかした敷地表現にしたいと思います。

やはりスチレンボードに型紙を印刷したグレーの色画用紙を接着してから、部品を切りだします。

075_640x480これを組み立てると敷地ができあがります。

077_640x480丸い部分が建物が建つ敷地で右にある斜めの部分が道路へのスロープ、右上の一段高い部分が道路です。

078_640x480もちろん実際の敷地はこんな形ではありませんが、今回は遊び心優先で作ってみました。







« 建築模型ができるまで(28) | トップページ | 建築模型ができるまで(30) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583485/54621584

この記事へのトラックバック一覧です: 建築模型ができるまで(29):

« 建築模型ができるまで(28) | トップページ | 建築模型ができるまで(30) »