« 建築模型ができるまで(2) | トップページ | 建築模型ができるまで(4) »

2012年2月17日 (金)

建築模型ができるまで(3)

印刷した型紙通りにスチレンボードを切り出していきます。基材は発泡スチロールですからカッターで力を入れずに2・3回で切れます。この作業は比較的に簡単に短時間で終わります。すべてのパーツを切り出すとこんな感じ。Img_1151木造2階建ての住宅、1/50スケールで600x450のスチレンボードでしたら、2~3枚程度必要です。(内装ありの模型だともう少し必要になりますが)

必要なパーツが揃ったら、仮組みをしていきます。パーツの寸法が正しいか、召し合わせ部分の勝ち負けなど、組み付ける前に必ず仮組みをして確認します。Img_1160
90度の出隅部分は合わさるボードを、45度づつテーパーにカットして角を出します。Img_1162組み付けると90度にきれいに出隅が完成します。最終的に出隅部はすべて、付柱という飾り部材が取り付きますので、角度がしっかり出ていればこの時点では十分です。


« 建築模型ができるまで(2) | トップページ | 建築模型ができるまで(4) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583485/54009439

この記事へのトラックバック一覧です: 建築模型ができるまで(3):

« 建築模型ができるまで(2) | トップページ | 建築模型ができるまで(4) »